ボクと君とのトラウマ・タイムトラベル

(うつむきながら打ち明ける) 「僕には、誰にも言ってなかったつらい思い出があるんだ・・・ あんなことが無かったら、今の僕がこんなに苦しい気持ちになることもなかった・・・」 (心配そうに僕の顔をのぞきこむ) 「今でも、そんなに気になっちゃうの?」 「じゃぁ~、僕と一緒に助けに行ってみない・・・?」 「行くって、どこへ?」 「君が気にしている過去にだよ」 「もう過ぎてしまった過去なのに?」 「でも、気になるんでしょ? もう過ぎてしまった過去のことが・・・」 「うん」 「だったら、行こう? ボクも一緒に行ってあげるから・・・」 (しばらく、考えた後で) 「うっ、うん・・・、行ってみようかなぁ・・・・」 僕は、まだ迷っていた。 「何だろう、この気持ちは・・・?」 (僕の気持ちを読み取ったように) 「考えてばかりいても仕方ないよ。 とりあえず、行ってみようよ・・・ 今度は、ボクも一緒だから!」 「そうだよね、今まで、散々考えてきたんだもんね・・・」 僕は目をつぶった。 (間  ・・・  タイムトラベルする) 「着いたよ」 僕は恐る恐る目を開いた。 いじめっ子が、子供の頃の僕に、馬乗りになっている。 「あぁ~、この場面だ・・・」 「あの時、言えなかった気持ち、言葉にしてみたら!?」 (か細い声で) 「や・め・て・・・」 「そんな言い方で大丈夫なの?」 (心の感じを探っている。そして、自分の気持ちのボリュームの大きさに気づき叫ぶ) 「やめてくれ!」 「バカヤロー!」 周りを見渡した。クラスのみんなは、ただ見ているだけだった 「何で誰も助けてくれないんだよ!」 「どうだい?」 「スッキリした!」 僕は、胸につっかえていたものがとれたような気がした 「もっと言ってみるかい? それとも、もういい?」 (もう、何もかもが、すっかり解決したという様子で) 「もう大丈夫!」 心の底からそう思えた。 こんな晴れ晴れとした気分は、ほんとうに久しぶりだった。 もう、あの苦しさから解放される・・・、 そんな予感がしていた。 「実はねぇ~、本当の理由って別にあるんだけど・・・、知りたくない?」 「えっ!?」 僕は、君が何を言っているのか分からなかった。 「今は、言えなかったことが言えて、スッキリしたけど、 あの時はどうだった?」 「何も言えなかった・・・」 「そうだったよね・・・。で、どんな気持ちだった?」 「悔しかった・・・・、つらかった・・・。」 「そうだね・・・、悔しかったね・・・、つらかったよね・・・ その気持をどうしたかってことなんだよ・・・。 どうする、知りたくない? 」 そんなこと関係ないと思ったけど、それがウソか本当か確かめてやることにした。 「知りたい・・・」 僕らは、『あの頃のボク』に、そーっとついていった。 家に向かう姿は、とてもつらそうだった。 家に着いた。 玄関の前に立つと大きく息を吸い込んで、ドアを開けた。 (何事もなかったかのような調子で) 「ただいまぁ~」 (優しい母親の声) 「おかえりー!」 自分の部屋に入っていった。 いつもの光景だった。 何の問題も無ないと思った。 (大人の僕に対して) 「今、『あの頃の君』は、とってもつらいんだよね?」 「うん・・・」 「一人きりで大丈夫だと思う?」 「大丈夫?・・・、・・・、 大丈夫・・・じゃない・・・、大丈夫じゃないよ!」 『あの頃のボク』にきいてみた。 「どうして、一人でいるの? どうして家族のところへ行って、一緒にいてもらわないの?」 「だって・・・」 ( 間 ・・・ 『あの頃のボク』は「つらい」って言えな理由を、色々と考えている。) やっぱり、話せない・・・、 話してもしょうがないんだ・・・ でもね、話さなくても、ひとりで我慢していたら、 ボクは強くなれるんだよ。 ボクが強くなるまでの我慢。 ボクが強くなれば、もう、苦しくなくなるんだよ。」 「本当にそうなの?  本当にそう思っているの?」 (怒ったように) 「いいんだって!放っておいてよ! ボクがもっと強くなればいいことなんだから!」 「そうだね、そうやって我慢するしかなかったんだね。 でも、本当はどうしたかったの? どうして欲しかったの?」 「無理なんだよ! 絶対に無理なんだって!」 「無理 ??  無理って、・・・何が無理なの??」 ( 『あの頃のボク』は黙って考え、しばらくの沈黙   ) ( 突然、何かに気付き、我慢していた感情が溢れ出すように泣きながら・・・・  ) 「本当は・・・、優しくして欲しかった・・・ お話を聞いてもらいたかった・・・ 抱きしめてもらいながら、いっぱい泣きたかったんだよ! だって、つらかったんだもん・・・、悔しかったんだもん・・・」 僕は、泣きながら話す『あの頃のボク』を抱きしめた。 「そうだったんだね、よく我慢したね。 よくひとりで頑張ってこれたね・・・。 ( 『あの頃のボク』は、僕の腕の中で泣いている ) 「でも、もう大丈夫、我慢しなくてもいいんだよ。 泣きたいときは、泣いてもいいんだよ。」 ( 『あの頃のボク』は、僕に抱かれながら、泣いている。 ) ( 何十年も溜めてきた涙を搾り出すように泣いている ) ( つぶやくように ) 「ずっと、こうしたかったんだよ・・・」 ( しばらく、そのまま泣いている ) 僕の腕の中で、『あの頃のボク』は、安心した表情に変わっていった。 僕は理解した トラウマと思っていたことは、心の苦しさの本当の原因ではなかったことを・・・。 僕は理解した 心が苦しくなっても、ちゃんと楽にできる方法があることを・・・。 「もう大丈夫だよ!」 (少し恥ずかしそうに・・・) 「また、つらくなったら、来てもいい?」 「うん、いつでもおいで。 楽しいときもおいでよ、一緒に喜んであげるから。 何もないときもおいでね、一緒に暇そうにしてあげるから」 「うん! ありがとう!」 そう言うと、『あの頃のボク』は、元気そうに、自分の部屋から飛び出して、 どこかに遊びに行ってしまった。
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ