05. 悩みの解決を妨げるものを知る

5-1.思考停止ワード(その1)

心の苦しみを解決しようと心について調べたりする過程で様々な心理的な専門用語と出合うのだろうと思います。 ここで再確認して頂きたいことは、あなたが求めていたものは『解決方法を示さない専門用語』ではなく『解決方法』だということです。 解決方法を示していない専門用語を結論として理解してしまうと、解決へ向けての思考はそこで停止してしまいがちになります。 ですから、解決を諦めなければならないように感じてしまう専門用語に出合ってしまったら、そこで説明されている内容を自分に当てはめようとはせずに、それらを『思考停止ワード』と位置づけて次々と手放していくことが大切です。 そして、自分が理解できる言葉で考えるように心がけて下さい。
『思考停止ワード』として使ってしまいがちな専門用語の例 ~~障害、~~症、アダルトチルドレン、オールオアナッシング、トラウマ・・・
【まとめ】
  • あなたが求めているのは解決方法だということを再確認して下さい。
  • 専門用語に出合ったとき、解決方法が示されているかをチェックして下さい
  • もし、解決方法が示されていなければ、その専門用語のことは忘れてしまいましょう。

5-2.思考停止ワード(その2)

専門用語以外にも、心の苦しみの原因や解決の方向を示しているように錯覚してしまい、逆に苦しさを増大させてしまうような一般用語もあります。 もし、それらの言葉に従っても上手く解決できないと感じたときは、それらをあまり深追いしない方が安全です。
『思考停止ワード』として使ってしまいがちな一般用語の例 ネガティブ/ポジティブ、暗い/明るい、後ろ向き/前向き、マイナス思考/プラス思考、心が弱い/心が強い、コンプレックス、悩み、自分が無い、心が傷いた/傷つけられた
【まとめ】
  • 心の苦しみ解決したいなら、一般的に認知されている曖昧な用語は使わないこと
ここまでが、心の苦しみを解決する為の準備になります。 ここからは、解決の為の具体的な手順について説明していくことにします。
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ