09. 本当の解決について改めて考えてみる

しばらく取り組めば解決できる課題は問題ありませんが、もし、それが一生懸命に取り組んでも、いつまでも解決しない場合は、まず、意識している問題を解決しようとすることを止める勇気を持って下さい。 また、悩みを解決しようと目標や課題を設定する時には、行動に移す前に、まず、『それが解決可能な課題であるか』というポイントをチェックして下さい。
【例】
  • 具体的な行動をイメージできる課題であること。
  • 課題を達成したことを、何をもって認識するのかが明確であること。
  • 課題解決までの想定期間が短期間であること(長くても数日)
コンプレックスのようなものの解決は、悩みを解決するための目標として設定すべきではありません。 ここで、自分が悩みや心の苦しさの解決のために設定している課題や目標について、もう一度じっくりと考えてみて下さい。 心の苦しさに向き合おうとするとき、
  • その原因探しは過去
  • 解決へ向けての仮説は未来
意識が向いてしまいがちです。 そして、いずれの場合も、
  • 今このときに、自分が望んでいること
から、意識が外れがちになるので注意が必要です。
本当の解決は、「たった今出来ること」にあります。
心が苦しいと感じているときは、
  • 自分の望みのためにたった今できることを諦めていたり
  • 自分の望みのためにたった今できることをするのにすごくパワーが必要になってしまっていたり
するのです。 はじめは、勇気を出してたった今できることをやっても、慣れない感じを伴うかもしれませんが、それは、次第に薄れていきます。 そして、たった今できることたった今望んでいることできることをきちんと拾い集めることができている状態になれたとき、その状態のことを幸せと呼ぶのだろうと思います。
【まとめ】
  • 苦しみからなかなか解放されない時は、まず、その『原因探し』や『解決方法探し』を止めることが大切です。
  • まず、『今の自分の望み』に意識を向けようとして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ