02. 常識という名のフィルタ


人が生きる環境において、人それぞれに、それぞれの常識が存在しています。

  • 社会の常識
  • 国の常識
  • 時代の常識
  • 地域の常識
  • 家庭の常識
  • 経験から得た個人の常識
  • 学問としてひとまず確立してしまっている常識
  • などなど

それらの常識が複雑に絡み合って、その人その人に独特の世界観を形成しています。

普通、我々は「人はみんなが同じ世界で生きている」と思っています。

実際にそれは確かなことなのですが、正確には、

それぞれの独特の世界観によって作り出される異なった世界の中で生きている

と言えるのです。

そして、人生が苦しかったり楽であったりといった違いも、この世界観の違いによって引き起こされます。

つまり、同じ人生でも、

世界観によっては、苦しく思えることもあれば、楽に思えることもある

という違いが生じるのです。

つまり、心の苦しさを解決するためには、人が変わる必要はなく、人の中に出来上がってしまった『その人にとっての常識』が変わるだけで良いのです。

これは、俗に言われている『プラス思考・マイナス思考』、『考え方を変える』などといったことを言っている訳ではありません。

ここまでの説明で早合点せずに、この先へと読み進めて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ