05. 『普通』という言葉について

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

読むカウンセリング【No.0004】 2005/01/17

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
こんにちは、「ピュアハートカウンセリング」カウンセラーの田中順平です。
最近、『これを読めば、悩みから解放される』というようなまとまった文章が書
けないものかと取り組んでおりまして、メルマガの発行に、間が空いてしまいま
した。3月の初めには、1冊の本のような形にまとめることが出来ればと考えて
います。

========================================================================
『普通』という言葉について
========================================================================
私たちは、何か問題と感じることに直面した時に、『普通』ということを意識す
ることが多いのではないかと思います。

・こんな時、普通は、~~~するだろう
・こんな時、普通は、~~~しないのではないか?
・こんな時、普通は、どうするのだろう?

何かを思い悩んでいない時は、この『普通』という言葉は、それほど問題ではな
いのですが、何かに悩み込んでしまったときは、当然のように使ってしまいがち
な『普通』という言葉の持つ意味について、ちょっと、ゆっくり考えてみること
が大切だと思っています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 1.『普通』の成り立ち           ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
社会規範的な部分、特に法律等のように明文化されていることは、その社会に属
している限り、守っていく必要があります。その法律がおかしくても、新たな法
律が社会で承認されるまでは、『その時々に有効な法律を、普通のこととして守
ること』は、その社会に属する人たちの義務だろうと思います。例えば、お店の
商品を盗むと、普通、警察に逮捕されます。

今回のメルマガでお伝えしたい事は、『社会規範的な普通』以外の文脈で使われ
る『普通』という言葉に関することです。

例えば、次の2つの文章を読んでみて下さい。

(1)テストで、70点を取ったら、普通、ガッカリするだろう
(2)テストで、70点を取ったら、普通、満足するだろう

(1)、(2)のどちらか一方の文章がすんなりと読めて、もう一方の文章に違
和感のようなものを感る方は多いのではないでしょうか。ここで重要な事は、
(1)と(2)のどちらに違和感を感じるかは、人それぞれだということです。

この感じ方の違いを『価値観の違い』と結論付けることもできますが、私は、
『過去の同様の場面で慣れ親しんだ経験の違い』と理解した方が、本当のところ
に近いのではないかと考えています。

『経験の違い』とは、その経験によって自分に生じる『感情の違い』です。前の
例で説明すると、『出来事』だけに焦点を当てると『70点を取った』という事
実しか残りません。しかし、事実は同じでも、(1)と(2)の感情の違いから
、(1)と感じる人と(2)と感じる人は、同じ経験をしていないということは
、何となく分かって頂けるのではないかと思います。

それでは、この『感情の違い』は、どうしておきるのでしょうか。この『感情の
違い』はそれぞれの人が置かれている『背景の違い』によって、生じると考えて
います。(家庭的な背景、社会的な背景、人間関係の背景など)
例えば、次のような背景があったとします。

(a)70点を取れば、いつも、親が喜んでくれた
(b)70点では、親が不機嫌になって厳しく説教された

実際は、こんなに単純ではないかもしれませんが、同じ『70点』という点数で
も、背景によって感情が変化することは、想像して頂けるのではないでしょうか

そして、自分を取り巻く色々な背景によって、もともとは自由だった心に、人そ
れぞれに固有の枠が形成されていくのです。この枠は、その人にとっては、日常
のことなので、例え、それが自分にとって苦痛な事であっても、『異常』と認識
しては、辛くて生きていくことが出来ません。そこで、自分の感情の方を、自ら
ゆがめて、『普通』という枠組みの中で物事を理解しようとするのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 2.『普通』は自分の気持ちを理解するヒント ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
例えば、自分が酷く落ち込んだ時、次のように考えてしまったとします。
・こんな時、普通は、こんなに落ち込まないだろう
・こんな事で落ち込んでしまうのは、自分の心が弱いからだ

もともと、自分にとって、自分の感覚や感情以上に正しい事などありません。で
すから、自分が落ち込んでいるということは、誰が何と言おうと、自分にとって
最も確かなことなのです。しかし、特に、ネガティブな感情や感覚を感じたとき
、『普通』という言葉を引き合いに出すことで、自分自身を否定してしまいがち
なところがあるように思います。

どうして、そのような思考の傾向性になってしまうのでしょう。「1.『普通』
の成り立ち」の説明を踏まえて、
■『こんな時に、落ち込んではいけない』という背景が、自分にはあるのかもし
れない。
ということを考えてみると、そのヒントが見つかるかもしれません。

・過去、あなたが落ち込んだ時に、あなたにとって大切な人は、あなたと、どの
ような関わりをしましたか?
・そんな関わりが繰り返される中で、あなたは、何かを諦めて、そんな関わりを
普通のこととして受け入れてしまったかもしれません。でも、それを普通と受け
入れる前のあなたは、本当は、どのような関わりをして欲しいと望んでいました
か?
・本当はそうして欲しかったのに、そうしてもらえなくて、どんな気持ちになり
ましたか?

そんな風に、自分の感情の背景を理解しようとすると、誰も諦めろとは言ってい
ないにも関わらず、自らが『普通は・・・』という言葉を使って、諦めることを
繰り返してしまおうとしていることに、きっと、気付く事が出来ると思います。
そして、その気付きは、『自分の本当の気持ち』を思い出し、その気持ちを大切
に出来る方法を考え始めるきっかけになるかもしれません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 3.最後に           ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
『普通』と同じようなニュアンスで使われる言葉に、『みんなは』『~すべき』
という言葉があります。前回のメルマガの内容とも関係するのですが、ある事柄
に意識が集中していない限り、そのような言葉は、あまり出てきません。それは
、自由な意識では、ある事柄に対する対応は、その時々の様々な要因によって変
化するということを、無意識に理解しているからです。

逆に、『普通』をはじめとするそれらの言葉を使ってしまっているときは、自分
が使ってしまった言葉を意識させられた背景が存在する場合がほとんどです。そ
こで、なお、意識している事柄に目を向けてしまっては、これまでの繰り返しに
なってしまいます。ですから、悩みから抜け出すためには、意識している事柄に
目を向けるのではなく、『意識させられた背景を理解しようとする』ことが大切
です。自分がそれらの言葉を使ってしまう背景を理解する事は、自分の本当の気
持ちに気付き、自分自身を閉じ込めていた壁のようなものから自分自身を解放し
ていくことを、きっと手伝ってくれるだろうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ