11. 兄弟姉妹が仲が悪くなる事情

【 広 告 】 オキシトシンラブ(OxytocinLove) 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

読むカウンセリング【No.0010】 2007/01/16

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
新年明けましておめでとうございます。今年最初のメルマガ&半年振りのメルマ
ガの配信となります。楽しみにして下さっている方には、大変お待たせして申し
訳ありませんでした。こんな感じのノンビリ目の発行周期になるかもしれません
が、今後もよろしくお願いします。

最近起こった兄妹間の事件に限らず、カウンセリングを通して、兄弟姉妹との関
係が悪くなってしまう状況が意外に多くあるように、感じております。そこで、
今回のメルマガでは、兄弟姉妹の仲について少し考えてみたいと思います。

========================================================================
兄弟姉妹が仲が悪くなる事情
========================================================================
人が心の苦しみを抱えている場合、その人の兄弟姉妹も、また、同じように心の
苦しみを抱えていることが多いように感じています。

それは、兄弟姉妹は同じ心の傷を持っていることが多い為だと考えています。し
かし、同じ家庭で暮らす兄弟姉妹は、お互いの心の傷に気付くことが難しく、逆
に、お互いがいがみ合う関係(正確に表現すれば、うらやみ合う関係)に陥りや
すいところがあると考えています。

今回のメルマガでは、そのような状態に陥ってしまいがちな理由について、何と
なく理解して頂ければと思います。

これから書く内容は、あくまでも一つのパターンに過ぎず、心の苦しみを抱える
全ての人の兄弟姉妹について正しく説明している訳ではありません。しかし、も
し、兄弟姉妹に対して心のわだかまりがあるときは、それが生じるカラクリを理
解する上で、少しは参考にして頂けるのではないかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 1.家庭の規制について              ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
家庭において、そこで暮らす子供たちは、『父親の価値観』と『母親の価値観』
によって、その行動や考え方が規制されます。

当たり前のことですが、第一子は、生まれてきた時に『家庭にどのような規制が
あるのか』ということを前もって知ることができません。ですから、とりあえず
行動して、それに対する親の反応によって判断しながら、その規制を学び取って
いくしか道はありません。子供が、夫婦のコミュニケーションを観察する機会が
少なければ少ないほど、この傾向は強まるのではないかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 2.親の反応について               ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
子供が親の価値観に反する行動をしてしまったら、多くの場合、その行動は親に
よって否定されてしまいます。もし、親に『相手の価値観を受容し譲歩する能力
』が備わっていなかったら、子供がその行動をしなくなるまで、とことん否定し
続けられるかもしれません。
このような第一子の『とりあえず行動して、その結果で学んでいく』というスタ
イルは、親には大きなストレスになるだろうと思います。しかし、子供の心も、
『親から否定されることに対する不快感』と『自分の思い通りに行動できない不
満感』の2つの感情を感じるのです。

ところが、第二子は自分が行動しなくても、第一子と親のやりとりを観察してい
れば、そこにある価値観や規則を把握することが出来ます。当然、「親に嫌われ
たくない」とか「嫌な思いはしたくない」という心理が働くだろうと思います。
そして、第一子と親のやり取りから学習した『親から否定される行動』はとらな
くなるのは自然なことだろうと思います。その結果、親から自分の行動を否定さ
れることは回避できるのですが、『自分の思い通りに行動できない不満感』とい
うものは、第一子と同じように感じるのです。

親は、自分の価値観の通りに行動する子供に対して悪い印象を持つ訳はなく、そ
の結果、衝突する子供よりも、自分に従順な子供を可愛がるようになってしまう
のは自然な傾向なのかもしれません。

そんな状況の中で、第一子と第二子は、親の評価をめぐってライバル関係に陥り
、兄弟姉妹の関係性が悪化していくのだろうと思うのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 3.兄弟姉妹に対するお互いの認識について     ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ここで、兄弟姉妹の状況とお互いに対する気持ちについて、少し推測してみたい
と思います。

====================
■第一子の状況
====================
・親が反対する行動をすると、それを遂行することを妨げられる
・親と衝突することによるストレスを感じる
・親に賛成されないまま行動することによるストレスを感じる

【第二子から見れば・・・】
・親の言いなりにならず、自分の言いたいことを自由に主張し、自分のしたいよ
うに行動しているような印象を受ける

====================
■第二子の状況
====================
・親が否定しそうなことは、自己規制している
・親から可愛がられる
・自己規制していることを本人が意識できていないことも多く、理由の分からな
い漠然とした不満感にさいなまれていることがある

【第一子から見れば・・・】
・「好きなことをやっても親から否定されない」という印象を受ける
・自分よりも親から可愛がられているような印象を受ける

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 4.我慢とその方法の違いについて         ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
もちろん、これまで説明してきたように、必ずしも兄弟姉妹がいがみ合う状況に
陥るとは限りません。第一子は第二子に同情し守りたいという気持ちになること
もあると思いますし、逆に、第二子は第一子に同情し助けたいという気持ちにな
ることもあるだろうと思います。

しかし、そのような場合でも、お互いの理解を深める為、また、自分自身の理解
を深める為に、是非とも認識しておいていただきたいことがあります。それは、
親の価値観に合わないことは我慢する事になっているということです。我慢の方
法には、第一子は、『主張したり行動した結果、それを否定され、我慢させられ
る』、第二子は、『主張せず、学習した規則に従い我慢している』というような
違いはあるかもしれませんが、我慢しているというところは同じなのです。

この我慢の仕方の違いによって、兄弟姉妹が、お互いが同じように我慢している
ということに気付き難くなってしまうのだろうと思います。

繰り返しになるかもしれませんが、同じ家庭で暮らす兄弟姉妹は、親からの評価
とは関係なく、親から同じ価値観が植え付けられ、自分の本来の望みを我慢する
状況に陥ってしまい易いのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 5.最後に                    ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今回の説明は、ひとつの側面からの説明です。実際には、ここに、夫婦間のコミ
ュニケーション、父親とのコミュニケーション、その他様々な要因が関わってき
ます。それらの相違によって、第一子や第二子の子供の役割が入れ替わる事もあ
るだろうと思いますが、そこまで説明しようとすると、あまりにも複雑になりす
ぎてしまうので、今回は省略しました。

この文章が、『兄弟姉妹は、同じ我慢を強いられた同士である』ということに気
付き、お互いの理解を深めるきっかけにして頂けることを願っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ