33. 「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」と「感情」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 読むカウンセリング 2013/10/09 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ こんにちは、ピュアハート・カウンセリングの田中です。 ============================================================== お知らせ ============================================================== 電子書籍を発行しました。 今回は無料版2冊と有料版1冊です。 【タイトル】 ・【無料】  心依存症 ・【無料】  モデルで説明する「苦しい心」[簡易版] ・【有料】  モデルで説明する「苦しい心」・「楽な心」 詳しくは、本文の後でご紹介します。 ============================================================== 「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」と「感情」 ============================================================== 先日、小学校の参観に行って、気づいたことがあります。 国語の授業だったのですが、 「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」ということがテーマでした。 教科書の文章から、「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」に当たる表現を 児童に発表させていました。 色々な発表があった中で、1点だけ引っかかったものがありました。 それは、「悲しい」気持ちが、「マイナスの気持ち」に分類されたことです。 たぶん、私も、心理についてあれこれと考える前だったら 「悲しい」気持ちを「マイナスの気持ち」に分類することは 全く気にならなかったと思います。 でも、今回は、ものすごく違和感がありました。 はじめは、どうしてなのか分からなかったのですが しばらく考えて、違和感の理由が理解できました。 私の思う「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」は 例えば、次のようなものです。 ------------------------------------------------------------------- ■プラスの気持ち 気になる人と仲良くなりたいと思った。 ■マイナスの気持ち 気になる人がいるけど、どうせ仲良くなれないと思って諦めた。 ------------------------------------------------------------------- つまり、「望みを大切にしようとする気持ち」はプラスの気持ちで、 「望みを大切にしない気持ち」はマイナスの気持ちということです。 これらと、「悲しい」とか「嬉しい」という感情は、 同じように扱えないと思ったのです。 そして、感情は、「プラスの気持ち」とか「マイナスの気持ち」とかに 分類はしてはいけないのです。 「感情」は「感情」なのです。 感情は、吐き出さずにいたら、楽な気分には、なかなか戻りません。 逆に、感情は、嬉しさでも、悲しさでも、 それを吐き出して楽な気分を取り戻すことができます。 それは、誰かに親身に話を聴いてもらえば実現できます。 「感情」とは、そういうもの、 つまり、感じて排出するものなのです。 そのような性質の「感情」を、 「プラスの気持ち」や「マイナスの気持ち」に分類していると、 次のような状態を引き起こす可能性があります。 ■つらい、悲しいといった「ネガティブ系の感情」を否定して、  受け入れられなくなる ■「感情」を受け入れられないから、吐き出せなくなる これは、心の苦しさを一人で抱え込むようになってしまう要因の一つだと思います。 今回気づいたことは、以上です。 久々に学校の授業を聞いて、良い勉強になりました(笑) ============================================================== 電子書籍発行のお知らせ ============================================================== 冒頭にも書きましたが、電子書籍を発行しましたのでご紹介します。 無料版には、YouTube動画も作成してみました(汗) もしよろしければ、どうぞ! ---------------------------------------------------------------- 【無料】心依存症 ---------------------------------------------------------------- なぜ、心が苦しくなるのか? その原因の一つとして、「心依存症」という状態を考えました。 ■「心依存症」が現代社会に蔓延し、それが社会を通して人々に入り込んでしまう この悪循環によって、心に苦しさを抱える人が、 次々と生み出されてしまいます。 心の苦しさから解放されるきっかけにして頂けることを願っています。 【ダウンロードページ】 http://p.booklog.jp/book/76908 【関連動画】 http://youtu.be/3aRPOr0YRbI ---------------------------------------------------------------- 【無料】モデルで説明する「苦しい心」[簡易版] ---------------------------------------------------------------- どうして「心が苦しい」と感じるのか知っていますか? 「自分にとって大切なもの」を大切にしない習慣が 「心が苦しい」と感じる状態を作ってしまうのです。 本書では、「心が苦しい」と感じているときの枠組みについて、 簡単な心のモデル(画像)を使って説明しています。 【ダウンロードページ】 http://p.booklog.jp/book/77541 【関連動画】 http://youtu.be/xQyLznjnadM ---------------------------------------------------------------- 【有料】モデルで説明する「苦しい心」・「楽な心」 ---------------------------------------------------------------- 本書では、「苦しい心」「楽な心」について、 簡単な心のモデル(画像)を使って、分かりやすく説明しています。 心が苦しいと感じる状態は、どのような状態なのでしょう? なぜ、そのような状態になってしまうのでしょう? 実は、ごく簡単な習慣が関係しているだけなのです。 ■「自分にとって大切なもの」を大切にする習慣 ■「自分にとって大切なもの」を大切にしない習慣 また、そこには、幼児体験が大きく関わっています。 これらのことが分かると、「心の苦しさ」を解消するためには 「心の問題」を解決するのではなく、習慣を変えれば良い ということがご理解頂けると思います。 もう、心に問題を探し解決しようとするのは、ヤメにしませんか!? 【ダウンロードページ】 http://p.booklog.jp/book/77542
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ