34. 子供のしつけ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 読むカウンセリング 2013/11/20 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ こんにちは、ピュアハート・カウンセリングの田中です。 今回は、「子供のしつけ」について、考えてみました。 ==============================================================  子供のしつけ ============================================================== 例えば・・・ 子供がトイレに言った後、いつもいつも電気を消さないとき、 親は子供に、 「トイレに行ったら電気を消す習慣」を身につけさせたい と思うでしょう。 このように、 ■子供にきちんとした生活習慣を身につけさせること を「しつけ」と定義します。 しつけの方法は、大きく次の2通りに分かれると考えています。 *--------------------------* マメに声がけする *--------------------------* 子供がトイレの電気を消していないことに気がついたとき 「トイレの電気ついてるよ~」と、軽く一声かけます。 我が家の子供たちは、このような対応を続けていたら、 トイレの電気の消し忘れをしなくなりました。 (はっきり覚えていないのですが、半年や一年は続けたと思います・・・(苦笑)) お互いの気持ちは穏やかなままです。 *--------------------------* ガツンと言って聞かせる *--------------------------* 子供がトイレの電気を消していないことに気がついたとき 「また、トイレの電気ついているじゃない!次からはちゃんと消しなさい!」 と高圧的(感情的)に注意します。 これでも、電気を消す習慣は身につくかもしれません。 しかし、習慣が身につくまでは、 子供が電気を消し忘れる度に 次のようなことになってしまいます。 【親】 親は、感情的になって、 「何回同じことを言ったら、トイレの電気が消せるようになるの!」 と子供を責める 【子供】 責められた子供の方も 「トイレの電気ぐらいで、どうして、あんなに怒るんだ!?」 と感情的になる そして、お互いに、ストレスを溜めて、 感情をエスカレートさせてしまいます。 *--------------------*  根底にあるもの *--------------------* おそらく、2つの対処の根底には 次のような違いがあると思います。 【前者の対処】 「そのうち消すようになるだろう・・・」 という信頼感がある 【後者の対処】 「放っておいても消すようにならないから、 何とかして早く消すようにさせなければならない・・・」 という不信感がある。 後者のような「感情的なしつけ」にこだわることになる理由を考えて、 紙芝居動画(YouTube)にしました。 5分程度のものを1本の予定で作り始めたのですが、 気づいたら結構なボリュームになってしまいました。 (平均 3分 × 24本) 【動画のタイトル】 「心の原点」 【再生リストURL】 http://www.youtube.com/playlist?list=PLq_7Jz5LnshcYKzuhL1bkzTImCuf9rDz1 長いですが、少しずつでも見て頂けると嬉しいです。 ==============================================================  雑記 ============================================================== この秋、注目しているテレビドラマがあります。 タイトルは「刑事のまなざし」で、TBS系で放送されています。 一般的なドラマは、登場人物に関する理解が、 ワイドショーの評論家のような表面的解釈に留まりがちだと感じています。 ところが、このドラマは違います。 主人公の夏目(椎名桔平)は、 それぞれの人の身になって状況や気持ちを理解しながら、 全体を把握した上で答えを導き出します。 しかも、誰も悪者にしないのです。 そこが、とても気に入っています。 特に、第7話は心に残りました。 【参考】 http://www.tbs.co.jp/keijinomanazashi/story/story07.html 第7話にテーマをつけるとしたら「家系を伝わる苦しさ」 今回、ご案内した紙芝居動画「心の原点」でも 同じようなことを説明しています。 動画が完成した直後に、第7話を見たので、 タイミングの良さに、ちょっとビックリしました。 再放送があれば、是非、見てみて下さい。 私の動画より、心に入ってき易いかもしれません・・・(苦笑) *--------------------*  補足 *--------------------* 以前、ブログでご紹介したフランスの「子供への体罰防止」CMにも 同じような雰囲気があります。 【参考】 http://www.childcare.pureheart-counseling.com/notes/1253 最後までお読み頂きありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ