04. 『泣く』という言葉が頻繁に出てきますが・・・

【 広 告 】 オキシトシンラブ(OxytocinLove) 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

『泣く』という言葉に抵抗があるときは

本文の中で、『泣く』という言葉が『泣けば心は解決する』といった文脈で頻繁に出てきます。

特に、男性は、この表現に抵抗を感じる方が、多いかもしれません。

なぜ、『泣く』という言葉を使うかというと、催眠療法の中で苦しみから解放されるときに、多くの方が「泣いて楽になる」という経験をされるからです。

しかしながら、『泣く』という言葉に抵抗を感じる場合は、この『泣く』という言葉を次のように理解して頂いても構わないと思います。

  • 『自分の本当の気持ちを信頼できる誰かに打ち明ける』
  • 『つらい気持を一人っきりで我慢しようとせず、そんな気持だということを誰かに知ってもらい、時間と空間をともにしてもらう』
余計な話ですが・・・ つらかったり悲しかったり苦しかったりする時に、『自分の本当の気持ちを信頼できる誰かに打ち明ける』ということをして、そして、相手の人に、その気持ちを理解してもらえたと感じることができたとき、きっと、自然に涙は出てくると思います。

前置きが長くてすみませんでした。 次節より、いよいよ、本論となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ