09. 家庭の構造

『「泣いても仕方ない」という暗示』の背景には、日本の文化が影響しているだろうという話は前節でしました。 そんな背景のもと、「泣いても仕方ない」ということを強烈に印象付ける恐れのある状況が、今の日本の家庭に蔓延しつつあると思います。 その背景を説明する前に、今節では、家庭の構造(親と子という構造)から普通に生じる事象について説明しておきたいと思います。
  • この節を呼んで頂く際の注意としては、「ここでは、その良し悪しについて一切述べるつもりはありません。」ということを理解しておいて欲しいと思います。この節に書くことは、普通に起こりがちなことだと、ただ、知っていただければと思います。(本当の問題については、次節で説明させて頂きます。)
  • 主に小学校に入る前の幼児期の子供と親という関係をイメージして読んで頂ければと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ