03.「心を回復する機能」と「心を守る機能」との関係

図1と図2を統合すると図3のようなグラフになります。

この図3のグラフは、次の2つの見方が出来ます。

  • 単純に、「心を回復する機能」と「心を守る機能」の関係性を表している
    • 「心を回復する機能」の活性度が高くなると「心を守る機能」の強度が弱まり、「心を回復する機能」の活性度が低くなると「心を守る機能」の強度が強まる
  • 体験毎の「心を守る機能」と「心を回復する機能」の比率を表している
    • 様々な体験(出来事)ごとに、心を守る機能と心を回復する機能の働かせ方には、人それぞれ固有の比率を持っている。
    • 「心を守る機能」の強度の弱い体験は「心を回復する機能」の活性度が高く、「心を守る機能」の強度が強い体験は「心を回復する機能」の活性度が低いということもできる。

ここでを次のように位置付けると、もう少し意味を付け加えて解釈をすることが出来ます。

  • Yn   : 個人毎に獲得した値 (n=1,2,3、… )
  • Ym  : その時代や社会に人が持ち得る最大値(max)
  • Ymm : 人類が持ち得るの最大値 ※Ymmは、人々や社会が全てのこだわりから解放され、「心を回復する機能」を最大限に活用出来るようになった状態
個人個人の心の状態をYn、社会(集団)の心の状態をYmを用いて解釈してみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ