イライラする理由

人は、なぜ、イライラするのでしょう? 人が何かにイライラしているとき、恐らく
  • 『目の前のこと』に対してイライラしている
と認識することが多いと思います。 でも、実際のところは、次のような状態に陥っています。
  • 『目の前のこと』以外の何かに執着している
もし、何かにイライラしていることに気づいたときは、「何に執着しているのだろう?」と考え、それに気付くことが出来れば、目の前の状況や人の振る舞いなどは、
  • 自分をイライラさせること
ではなく、
  • ただ、そういうことが行われているだけのこと
というように変化して、客観的に眺めるきっかけになります。 詳しく説明しようとすると浅い話になりそうな気がするので、このくらいの説明で留めておきます。 あとは、ヒマな時にでも、考えてみて下さい。 《余談》 これは、禅で言うところの『悟り』と似ているのではないかと思うところがありますので、最後に、禅で用いられる公案を一つ紹介しておきます。
この書籍より引用
婆子焼庵 ある老婆が一人の修行僧を世話して20年が過ぎた。いつも少女に食事を届けさせていたのだが、あるとき、少女が修行僧に抱きついて誘惑するようにいった。 「さあ、私をどうなさいます」 少女は艶然とほほえんだ。 だが、僧はまったく動揺せずにいった。 「枯れた木が冬の岩に立つように、私の心は全く熱くならない」 あっさりと断ったのである。 この言葉を聞いた老婆は、この僧を賛えるどころか本気で怒りだした。 「自分は、こんな俗物を20年も世話していたのか!」 そして、僧を追い出し、庵も汚らわしいと焼いてしまったのである。 (『道樹録』 第十二則 『折中録』 第五則 )
何かを感じて頂けましたでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ