02. カウンセラーの座禅体験記(その2)

座禅会に、また参加しましてきました。(2003年3月9日)

老師の話

禅の目指すものは、「かくのごとく(如是)」 似たような言葉に「あるがまま」があるが少し違う。 「あるがまま」でなくても「かくのごとく(如是)」なのである。

独参

私は、老師に問いました
私: 悟った後も、腹が立つものか?
老師:  腹は立つ。悟ったら腹が立たないと思っている人には、「ご苦労さん」と言ってあげたい。

座禅の様子

座禅は、寺の座禅堂で行う。 立派な座禅堂で、気温も適温。 薄暗く、良い雰囲気をかもしだしている。 柔らかい座布団もあって、快適と思ったけど、長時間やると結構つらい。 40分座禅し20分休憩を繰り返す。 途中、獨参があり、そこで、老師と一対一で話をすることもできる。(しなくても良い)
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

関連コンテンツ