うつの正しい治療 間違った治療

【 広 告 】 オキシトシン 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

少し気になる本をご紹介します。

まだ、読んではいないのですが、最新理論最新技術最新治療といった最新という言葉に惑わされがちな人たちの意識を、本質の方向に引き戻そうとする内容であるような予感を胸に、是非、読んでみたいと思っています。

読んだら、また、感想を書きたいと思います。

次のような紹介文がありましたので、最後にご紹介しておきます。

《前略》

 ところが、問題なのは「うつ病は心の風邪」と言われながらも、患者の増加と共にその病状の長期化や再発が、相当の人々を苦しませているのが実情です。

 この原因は、本書が指摘するように、うつ病の治療が「薬物療法」に偏っているだけでなく、最近は「電気けいれん療法」「磁気治療法」などの最先端機器による「機械治療」さえもはびこっているということが背景にあります(本年2月に「NHKスペシャル」で*好意的に*紹介)。
 つまり、本書がいう「薬物療法+心理カウンセリング療法」がまったく欠けていることが根本にあります。

 言うまでもないことですが、「うつ病」とは、その人の性格と環境が「相互作用」する病気です。しかし、現在のうつ病治療では、その原因である性格と環境にどう関わるか、ということがまったく欠落しています。
 こういう認識から、本書では、まさしく、この「性格と環境」にアプローチする心理療法・心理カウンセリング重視の治療を「うつの正しい治療」として提言しています。

《後略》

*
【新刊『うつの正しい治療 間違った治療』を発売 】 (レイバーネット日本)より抜粋

http://www.labornetjp.org/news/2009/1246008529285staff01

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ