子供との関わり方

【 広 告 】 オキシトシン 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

ここでは、成人のカウンセリングを通して理解したことに基づいた『子供との関わり方』のポイントを紹介しています。

一般的に言われている細々としたことではなく、『心の苦しみを抱え込んで、苦しい人生を送る』という状況を回避できる大人に育てること、つまり、

  • 自分らしく、のびのびと生きることができる人に育てる
  • つらいことが合っても、適切に対処し、また、楽な自分に戻る能力と習慣を身に付けられるようにする

ということだけに、焦点を当てています。

ですから、細かいところ(教育方針やしつけの内容などなど・・・)には言及していません。

その辺りは、みなさんの思うとおりにやって問題ないだろうと思います。

ただ、ここでご説明することばかりこだわっていると、特に、子供が小さいうちは、子供はのびのびし過ぎて、親の言うことをあまりきかなくなり、親が大変になってしまう可能性もあります。

ですから、ここで説明した内容を知りつつ、しかし、あまりこだわり過ぎずに、バランス良く対応することが、お互い(子供と親)のためになるのだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ