10. 感情に関する誤解から引き起こされること

【 広 告 】 オキシトシン 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

読むカウンセリング【No.0009】 2006/07/29

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
========================================================================
感情に関する誤解から引き起こされること
========================================================================
何か理解しがたい事件が起こったとき、何気なく「最近は、訳の分からない事件
が増えてきた」というように、「最近は以前と変わってきた」というニュアンス
で理解することが多いような気がします。しかし、10年前も、20年前も、そ
のずっと以前からも、理解できないことは、この『最近』ということのせいにし
て、問題の本質について考える事を避けてきたのかもしれないという気がしてい
ます。ストーカー犯罪が起こったり、子供が親を殺したり、親が子供を虐待した
り、自殺者が毎年3万人を越えるといった、安心とは程遠い雰囲気が広がってい
く背景について、私なりに考えたことを書いてみたいと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 1.現代人のパターン               ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
現代の人々は、多くの場合、次のパターンで行動しているだろうと思います。
(1)出来事が起こる
(2)出来事を客観的に評価する
(3)客観的評価に基づき、出来事の問題点やその原因を探す
(4)問題や原因を解決する

この流れは『PLAN DO CHECK ACTION』というように、仕事
を進めたり、現状を改善していく為の基本的な考え方として認識されていること
が多く、ビジネスライクな問題解決には有効です。しかし、私たちが生きていく
には、このような考え方だけでは対処できない事態が沢山起こります。

そこで、私たちが、自分らしく生きていくためには、まず、(2)の部分を修正
する必要があると考えているのですが、何だか分かりますか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 2.「生きる」とは感じること           ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「生きる」ということの本質は「感じること」ではないかと思っています。

【例】
・褒められれば嬉しい
・けなされれば悔しい
・別れは悲しい
・出会いは嬉しい
・失敗すればつらい

これは、すごく当たり前のことのように思えるかもしれませんが、これを本当の
意味で理解している人は少ないように感じています。

これらの例のように、私たちは生きている限り、自分に生じる様々な感情からは
決して逃げることはできません。つまり、前の問いかけの答えとして「(2)
主観的に感じる」ということを据えなければならないと思うのです。

どんなに感じないように頑張ってみても、必然的に感じてしまいます。ですから
、それがどんな感情であっても、あたりまえに生じる感情を否定してしまえば、
身動きが取れなくなってしまうのです。感情を否定する事で陥ってしまいがちな
状況の例は、「4.ほとんどの過ちは、こうしてはじまる」で説明させて頂きま
す。

------------------------------------------------------------------------
【補足】
念のために補足しておきますが、『怒り』というのは、感情ではないのかもしれ
ないと思っています。
■ 感情を否定しようとした結果、『怒っている』という状態になる
簡単に説明すると、このような側面が強いのだろうと思うのですが、違う側面も
ありそうなので、詳細は、もう少し考えて、別途、まとめてみたいと思います。
素直に書くと、「怒りも我慢せずに出せ」と言っているのではないということを
注釈したくて、補足させて頂きました。
------------------------------------------------------------------------
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 3.どんなにつらくても、感情は必ず癒される    ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「1.現代人のパターン」で記述したパターンを単純化すると
■ 出来事が起こる --> 出来事に対処する
というようになります。

【例】
・車が壊れる --> 修理する
・成績が下がる--> もっと勉強する

「修理する」というように、容易に実現可能であったりすると、そのような対応
で乗り越えられるかもしれません。
また、「もっと勉強する」というように、「それをすれば、何とかなるかもしれ
ない」と感じていられることがあると、たとえ事態が改善しなくても、気持ちが
救われるところがあります。

しかし、そのような対処方法を身に付けてしまうと、例えば、「大切な人との死
別」というようなリカバリー不能な出来事に遭遇した時、何をどのように対処し
たら良いのかが分からなくなってしまいます。

そうならない為には、「出来事が起こったときに対処すべき対象」の認識を、改
める必要があると考えています。それを明確化するために、「人は何かを感じる
」という大前提を盛り込む必要があるのです。それを盛り込むと、対処の対象が
変わってきます。

■ 出来事が起こる --> 感じる --> 生じた感情に対処する

生じた感情に対処するとは、自分に生じたあらゆる感情(つらい気持ち、悲しい
気持ち、喜びの気持ちでさえも)を癒すということです。「癒す」というと少し
分かり難いのですが、その方法は実に簡単です。

自分に生じた感情をきちんと表現し、それを誰かに、ただ、「そうだね・・・、
そうだね・・・」と、聴いてもらってみて下さい。自分の気持ちが、だんだん楽
になっていくことを実感できると思います。そして、今までこだわっていた原因
や、目の前の出来事の解決方法なんか、次の次で良いということを、きっと、体
や心で感じられるだろうと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 4.ほとんどの過ちは、こうしてはじまる      ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
どんな感情も、きっと癒されると考えています。しかし、不幸にしてこれまでに
「感情が癒された」という経験が少ないと、
■『自分の感情以外のこと』に対処する事でしか、自分の感情は解決できない
と考えてしまいがちになるところがあるのだろうと思います。

例えば、苦しいと感じているとき、「苦しさは癒されない」と考えていると、
・苦しさの原因を解決する
・苦しさを感じないようにする
・別の良い事でつじつまを合わせようとする(帳消しにしようとする)
・苦しさの原因と考えた事を、これから先、避けようとする
などといったことに意識が向いてしまいます。
その結果、次のような状態に陥ってしまうのだろうと考えています。

------------------------------------------------------------------------
【例】
○失恋が苦しさの原因だと考えれば、その苦しさから逃れる為には、失恋をなか
ったことにするしかなくなります。つまり、「恋人になる」、或いは、「恋人に
戻る」ということです。その目的を果たす為の行動は、苦しさの中で行われるの
で、相手の気持ちを思いやるゆとりがないだろうということは予測がつくのでは
ないでしょうか。その結果、一方的に自分だけの思いを押し付けるような状態に
陥ってしまうのではないかと考えています。

○相手の存在を苦しみの原因と考えれば、相手を排除したり、相手の存在を無く
すしかないと思ってしまうことがあるかもしれません。

○苦しく感じるのは自分の心に問題があるからだと考えれば、そう感じるのは自
分が弱いからだと心にムチ打ってますます苦しくなったり、苦しさを感じなくす
るために自分の存在を無くしてしまうしかないと思ってしまうこともあるかもし
れません。
------------------------------------------------------------------------
このように考えてみると、今の社会で起きている色々な状況を、理解することが
できるような気がするのです。

まとめると、色々な不幸な出来事は、
■心の苦しみ
■感情が癒されるという事実を知らない  ★
という2つの要素が重なり合ったところから始まっているのかもしれないという
ことです。

ですから、今の時代に、最も必要な事は、
■全ての感情を認め、それぞれの感情に適した癒しを与えていこうとすること
なのではないかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 5.最後に                    ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
・将来のあなたが、あなたの愛する人やあなた自身を傷つけない為に、
・そして、あなたの子供たちに苦しい人生を歩ませない為に、
■『苦しい時は、苦しさを表現し、それを受けとめてもらえば心は癒される』
ということを、まず、知っておいて下さい。

そして、その為に、
■「そうだねそうだね」と言ってもらいながら癒してもらうこと
を実践してみませんか?
あなたの心が癒された後は、
■「そうだねそうだね」と言って、他の誰かを癒してあげること
も実践してみませんか?

このメルマガをきっかけに、ホームページに「そうかそうかムーブメント」とい
うページを作ってみました。^_^;  お暇な時にでも、のぞいてみて下さい。
http://www.pureheart-counseling.com/sokasoka

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ