02. 『苦しい人生』のイメージ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

読むカウンセリング(創刊号 2005/11/05)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
こんにちは、「ピュアハートカウンセリング」カウンセラーの田中です。
いよいよ、メールマガジンの発行を始めます。
読者登録して下さいました方、どうもありがとうございました。みなさんのお役
に立てるようなメールマガジンを発行していきたいと考えていますので、どうぞ
よろしくお願いします。

===========================================
『苦しい人生』のイメージ
===========================================
今回は、『苦しい人生』のイメージについて、トランプのゲームに例えながら説
明してみたいと思います。

トランプは、ハート、ダイヤ、スペード、クラブの4種類のマークのそれぞれに
A~Kの13枚のカードがあり、それにジョーカー1枚を加えた53枚が1セッ
トになっています。初めてトランプを手にした人にとっては、「色々な模様のカ
ード」という認識は出来ても、それ以上の意味はありません。それぞれのカード
の意味(例えば、「A」は「1」を意味するなど)と、ゲームに関するルールを
理解しなければ、ゲームは始められないのです。そんな前提の下、例え話を続け
ていきたいと思います。

(その1)
ある少年がはじめてトランプを手にしたときに、ジョーカーを見て、とてもきれ
いだと感じ、そのカードを大切にしていたいと思いました。

(その2)
その少年が道を歩いていた時に、道ばたでトランプで遊んでいる人たちと出会い
、そして、興味を持った少年は、仲間に入れてもらいたいと感じました。でも、
トランプでどのようにして遊んでいるのかが分からないので、一緒に遊ぶことが
出来ません。そこで、しばらく、近くで様子を見ていることにしました。その遊
びは、最後にジョーカーを持っていた人が負けになってしまうというルールにな
っている事が分かってきました。その人たちは、ババ抜きをして遊んでいたので
す。「ボクは、大切にしたいと思っていたカードだけど、それを最後まで持って
いたら負けになってしまうんだ・・・」、少年はそう感じました。しかも、負け
た人は、タバスコを一瓶飲み干すという罰ゲームをしなければならないというこ
とも分かりました。また、一番早く手持ちのカードが無くなった人には、ケーキ
が食べられるという魅力的な特典があることも分かりました。少年は、「仲間に
入れてもらいたいけど、罰ゲームはいやだなぁ~」と迷っていました。すると、
そんな様子を見ていた少女が、「一緒に遊ぼうよ!楽しいよ!!」と誘ってくれ
たのです。嬉しいような嫌なような複雑な気持ちになりましたが、誘われるまま
に、トランプ遊びに参加することになりました。トランプで遊びながら、本当は
ジョーカーのことが大好きなのに、罰ゲームの事を考えると、手元にジョーカー
がくるたびに、少年は嫌な気持ちになってしまいます。何でもやり始めは上手く
いかないのは世の常で、少年も、初めのうちはコツが分からずに、何回も罰ゲー
ムをしなければなりませんでした。でも、次第に、カードを取ろうとするときに
相手の表情を見ながらジョーカーを避けることも上手になっていきました。最初
はイヤだったゲームも、慣れてくると結構楽しいものです。その仲間とトランプ
をする時は、いつも、ババ抜きでした。気が付くと、仲間がトランプを取り出し
たときは、少年は自分が用意した罰ゲーム用のタバスコを自分の鞄から進んで取
り出すようになっていました。

(その3)
あるとき、少年は隣の国に旅行に行きました。街を歩いていると、道ばたでトラ
ンプをしている人たちと出会いました。その少年がいつもと遊んでいる時と同じ
ように、傍らに罰ゲーム用のタバスコと、特典用のケーキが準備されていること
にも気づきました。少年は、既に、トランプのルールやコツは熟知していました
。ですから、言葉は通じないのですが、何のためらいもなく仲間に入っていきま
した。仲間に入った初回に、運良く、一番初めに手持ちのカードが無くなり、大
喜びしていました。しかし、最後までジョーカーを持っていた人が、大喜びでケ
ーキを食べ始めたではありませんか!しかも、周りの人たちは、寄って集って少
年にタバスコを飲ませようとしたのです。少年は、その時、何が起こっているの
かが全く理解できませんでした。「ボクが勝っているのに、どうしてみんなはそ
れを認めようとしないんだ!」と相手を責めました。責められた相手は、その少
年が負けである事は明確なのに、なぜ、怒っているか理解できず、とても困って
しまいます。次の回に、ジョーカーが最後まで手元に残ってしまって、とても嫌
な気持ちになっていたときは、みんなが賞賛し、ケーキを食べさせてくれたので
す。「こんなはずはない、ボクは負けているはずなのに・・・。」、少年の混乱
はより大きいものになっていきました。しかし、言葉が通じず理由を確認できな
い少年は、混乱した気持ちの中で、その後も、ただ、大切にしたいと思っていた
はずのジョーカーを、真っ先に捨て続け、そして、大切にしたいと思っていたは
ずのジョーカーが手元に来ないように工夫し続けることしか出来ませんでした。

------------------------------------------------------------------------

【解説】
外国で出会った人たちは、『ババ抜き』ではなく、『ババ残し』をして遊んでい
たのです。トランプを使う遊びには、他にも、神経衰弱や7並べやポーカーなど
、本当に様々なものがあるのは、皆さんも良くご存知のことと思います。でも、
少年は、ババ抜きしか知らなかったのです。自分たちの隣のグループがUNOを
やっている事すら気付く事が出来ませんでした。もし、少年が、周りの人たちが
どのようにして遊んでいるかをゆっくり観察する事が出来ていたら、色々な遊び
があることに気付けていたかもしれません。自分が大切にしたいジョーカーを大
切に扱えるゲームがあることに気付く事も出来たかもしれません。もしかしたら
、ポーカーをしようと言う事が出来ていたら、一緒にトランプをしていた外国人
たちは、簡単にそれに応じてくれる人たちだったかもしれません。

ここで説明した(その1)~(その3)の内容は、普段の私たちの生活の中にお
ける次のポイントを表しています。
(その1): 自分にとっての大切なものを大切にしたいと思う
(その2): 家庭のルールを身につける
(その3): 社会のルールと出合う

自分に適用されるルールが、「家庭のルール」から「社会のルール」に変わった
とき、そのルールの違いに戸惑っている状態が、人生や人間関係について悩んで
いる状態と言えると考えています。「社会のルール」というと、明確なルールが
ありそうな感じがしてしまうかもしれませんが、実は、明確なルールが無いとい
うのが本当のところかもしれません。社会のルールは、法律以外は、家庭のルー
ルの寄せ集めに過ぎず、家庭毎のルールの違いを考えると、「社会のルールは多
種多様である」というのが社会のルールなのかもしれないと思います。

○あなたにとってのジョーカーは何ですか?
○あなたの家庭のルールはどのようなものでしたか?
○あなたの周りには、他にどのようなルールがありますか?

自分にとってのジョーカーの意味をもう一度思い出し、自分を取り巻く環境にあ
る色々なルールに気付こうとする事は、ジョーカーを大切にしても良いという事
に気付いたり、ジョーカーを大切に扱うことをルールとしているところを探した
りすることを手伝ってくれるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ

new