06. 『暗い』という言葉について

【 広 告 】 オキシトシン 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

読むカウンセリング【No.0005】 2006/02/11

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
こんにちは、「ピュアハートカウンセリング」カウンセラーの田中順平です。
メルマガ発行の努力目標を月2回と心に思っていたのですが、なかなか実現でき
ずにいます。でも、月1回は必ず発行しようと思っていますので、これからもよ
ろしくお願いします。

==================================================
『暗い』という言葉について
==================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 1.『暗い』といった言葉を使うことの弊害  ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
性格を表現する言葉の一つに、『暗い』という言葉があります。「あの人の暗い
ところが好印象だ!」という文脈で使われる事は、まず、ありません。『暗い』
という言葉には良くないニュアンスが含まれているということは、多くの人の共
通の認識だと思います。そして、特に、悩みに陥っている時などは、何となく良
くないニュアンスを含ませるものの、具体的な事象を意識せずに使ってしまって
いることが、とても多いように感じています。言葉を替えると、「あの人は暗い
」とか「私の性格は暗い」などとというように説明すると、その人の本質を理解
したと思ってしまいがちですが、実は、本当の所から意識を外すことになるとい
うことです。

また、『暗い』などという言葉をあてがってしまうと、解決への道が閉ざされて
しまい、行き詰ったと感じてしまうことも多いかもしれません。そして、行き場
を失った心は、本当の気持ちは脇に置いたまま、苦し紛れに「暗い性格がダメだ
」と自分自身を責めたり、「あいつは暗いからイヤだ」と他の人を切り捨てたり
する状態に陥ってしまい、時には、自己嫌悪を感じてしまうことにもつながるの
ではないかと考えています。自己嫌悪を感じるのは、「本当の気持ちを大切にし
たい!」という心の叫びなのかもしれません。

今回のメルマガでは、特に、自分自身の性格を『暗い』と表現してしまっている
場合について、ご説明したいと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 2.『暗い』という言葉から解放される為に  ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
もし、あなたが自分の性格を『暗い』と表現する事で、何かから抜け出せなかっ
たり、何かを諦めなければならないと感じてしまったりしている状態なら、まず
、次のような事を、自分自身に問いかけてみる事が大切です。

●『暗い』とは、具体的には、どのような事を指しているのだろう?

その答えとして、例えば、
・あまり話せないから
・おもしろい話が出来ないから
・いつも一人でいるから
・気分が重いから
など、これを考える方によって、様々な理由が思い浮かぶ事と思います。

私は、全ての人の心は、『もともとは、すがすがしいもの』だと信じています。
これに関する詳しい説明は省きますが、恐らく、それが真実だと思っています。
そんな『すがすがしい心』が、何らかの事情があって、
・あまり話せない状態になっている
・あまり話をしていないと感じる状態になっている
・おもしろい話が出来ない状態になっている
・おもしろい話をしなければ受け入れられないと感じる状態になっている
・一人でいたい状態になっている
・人の輪に近づき難い状態になっている
ということなのです。そして、『すがすがしい心に戻る為の道』は、その事情を
理解しようとするところから始まっているのです。

事情を理解するとは、例えば、何かを話しかけたとき、毎回、「うるさいから、
黙れ!」といつもいつも、怒鳴られ続けると、話すことが怖いと感じてしまう気
持ちは理解できると思います。いつも「黙れ!」と怒鳴られていたときの、自分
自身の気持ちは分かりますか?話したかったことを分かって欲しかっただろうと
思います。分かってもらえなくて辛かっただろうと思います。そして、そんな辛
い気持ちも分かって欲しかっただろうと思います。自分自身のそんな気持ちを分
かってあげて、今のあなたから、過去の自分自身に対して、「本当は、話して分
かってもらいたかったね・・・、分かってもらえなくて辛かったね・・・、一人
でよく我慢したね・・・、よく頑張ったね・・・」などと優しい言葉を掛けてあ
げる、それが事情を理解するということです。

『暗い』に限らず、一般的に曖昧に使われているネガティブな修飾語や名詞を自
分の状態にあてはめてしまう事は、その事情を理解しようとする事を妨げ、『す
がすがしい心に戻る為の道』の扉を固く閉めてしまう事になるのです。

【例】
・私の心は弱い
・私はマイナス思考だ
(他にも、症状を表す名詞を含めて、本当に沢山あると思います。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 3.最後に                 ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
もしかしたら、これまでのあなたは、扉を閉ざすことで、困難を乗り越えてきた
かもしれません。そうせざるを得なかった事情も、きっとあっただろうと思いま
す。そして、今のあなたは、それを続ける事に疲れてしまったのかもしれません
。心が苦しいと感じるということは、扉の前に立って、扉を開く方法を試してみ
ようとし始めているということだと思います。今回のメルマガによって、そんな
あなたが、すがすがしい心へ戻る扉を開くお手伝いが出来ることを願っています。

その扉を開く方法を試していくことは、自分自身の理解にとどまらず、これまで
理解できなかった他の人たちを理解したり、受け入れたりすることを、きっと、
手伝ってくれるだろうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ