14. 私たちが受け入れるべきもの

【 広 告 】 オキシトシン 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

読むカウンセリング【No.0013】 2007/10/27

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

----【お知らせ】--------------------------------------------------------
新規サイト「カウンセリングルーム・データベース」を立ち上げました。

http://roomdb.kokoro-web.com/

カウンセリングルームが詳細情報を発信するためのサイトです。今はまだ情報数
は少ないですが、皆様のお役に立てるサイトに育てて生きたいと思っています。
------------------------------------------------------------------------

========================================================================
 私たちが受け入れるべきもの
========================================================================
今回は、「今の状況を受け入れられれば楽になるのに、それができなくて困って
います」という文脈で用いられる『受け入れる』ということについて考えてみた
いと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 1. 前提                    ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
心のことを考えようとする時に、まずはじめに確認しておかなければならない前
提があります。それは、

■自分の感覚や感情は、自分にとって確実に正しい

ということです。

【例】
・自分が悲しいときは誰から何と言われようと悲しい
・自分が嬉しいときは誰から何と言われようと嬉しい
・自分が暑いと感じるときは誰から何を言われようと暑い

ここだけを読めば、「そんなこと当たり前だよ」と思われるかもしれません。
しかし、普段の私たちは、感情や感覚だけに焦点を当てるのではなく、現実的な
事実や背景の中でそれらを理解しようとするうちに、当たり前と思っていたはず
のことを、見失ってしまうところがあるのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 2. 陥りがちな思考               ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
--【例】----------------------------------------------------------------
新しく配属になった部署は、毎日単調な作業の繰り返しで何の刺激もなく、毎日
会社に行くのが嫌で嫌でたまりません。
これまでの会社での評価は良く、本来ならば自分の望んでいた○○部○○課に配
属され活躍しているはずだったのですが、人事上の都合で今の部署に配属される
事になってしまいました。最低5年はここで居なければなりません。
転職という選択肢もあるのですが、給料が良いので、家のローンのことを考える
と、なかなか踏み切ることもできません。
せめて、現状を受け入れることができればやっていけると思うのですが・・・。
------------------------------------------------------------------------

このような状況に置かれていたとしたら、あなたは『現状を受け入れる』とは、
どういうことを指していると考えますか?

もし、次のようなことを考えるとしたら、『1』で説明した前提は消え去ってし
まっているということになります。

・この状況を『普通』と思うことができれば苦痛は感じなくなるだろう
・「恵まれている部分もある」と思うことができたら苦痛を感じなくなるだろう
・仕事だと割り切れば苦痛を感じなくなるだろう

なぜなら、これらを言葉を変えて説明すると、
■ 現状を『普通のこと』、『恵まれている』、『重要ではないこと』と思い込
もうとし、その思い込みを達成することで、自分に生じる心理的な苦痛を消滅さ
せようとしている、つまり、当然感じるべき感情や感覚を、感じないようにしよ
うとしている。

ということになるからです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 3. 何を受け入れるの?             ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
『受け入れる』ということを考える場合、『状況・状態・事象・人物』などを、
その対象として認識するところがあります。これらは全て自分以外のことです。

何かを受け入れようとしているとき、本人は意識していなくても
■『受け入れられるべきこと』 = 『変わる必要は無い(変わらないもの)』
というような思考が働いてしまっています。

つまり、自分以外のことを受け入れようと思った時点で、『その対象が変わらな
い』ということを受け入れ、かつ、『自分の何かを変えるしかない』と考える状
態に、自分を追い詰めてしまっていると言えると思います。

そして、自分が変わることを考えた時、『自分が感じた』ということが一連の思
考の動機になっている訳ですから、そこを打ち消そうとすることが、自己完結で
きることでもあり、一番手っ取り早い方法だと考え易いところがあるのだろうと
思います。

このように、何かを「受け入れよう」としているとき、かなりの確率で『2』で
説明したような状況に陥っていると考えられると思います

では、『1』で説明した前提を崩さずに受け入れる事のできるものとは、一体、
何なのでしょうか?

それは、『1』で説明した前提そのもの、つまり、自分の感情や感覚なのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 4. どうすれば受け入れたことになるの?     ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「自分が苦しいということを受け入れる」という文章を読んで、「嫌だと思って
も、楽にならないから困っているんじゃないか!」といった言葉が返って来るか
もしれません。たぶん、そう言いたくなるときは、『楽になること』を自分自身
に強る状態に陥っている時ではないかと思います。

楽になることを自分に強いるのではなく、「そうだね、当然嫌だと感じるよね」
というように思いながら、ただ、自分の気持ちに耳を傾けるだけでいいのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 5. それで何が解決するの?           ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
『嫌やだ』とか『苦しい』という気持ちを肯定するだけで、自分に対する理解が
少し変わり始めます。『4』の作業に真面目に取り組んでいると、『嫌な気持ち
なのに、その気持ちを抱えながらも頑張っている自分』というものが次第に見え
てきます。

「そんなちょっとしたことでは、何も変わらないだろう」と思われるかもしれま
せん。しかし、これは『ちょっとしたこと』ではありません。自分への評価が
『嫌な気持ちを感じるダメな自分』というものから、『苦しい状況の中でも頑張
っている自分』へと、これまでの認識を180度転換してしまうような大変革なの
です。

ここまで来れば、『頑張っている自分』、『頑張って疲れた自分』に優しくして
あげたり、癒しを与えてあげたりできる状態になっていると思います。あとは、
それを実践していけば気持ちは回復していくのです。

ストレスを感じたとき、その対処のひとつとして気分転換という考え方がありま
す。確かにそれは効果的な方法なのですが、『4』の作業を疎かにしていると、
現実の世界に戻ろうとするときに、戻りたくないような気持ちが直ぐに湧き起こ
ってしまうことは多いと思います。しかし、『4』のステップを意識するだけで
、これまでと同じような気分転換の方法を行ったとしても、その後の気分は随分
と変わるはずです。また、これまで無理矢理何か別のことに打ち込もうとしてい
たところから意識が解放され、「とりあえず、ゆっくり休もう」とか「誰かに話
を聴いてもらおう」とか、これまでとは違ったところにも意識が向くようになる
と思います。

その結果、自分の気持ちが回復(解決)し、目の前の課題を、自分にとっての正
しい決断によって解決していけるようになるのだと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++ 6. まとめ                   ++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
自分にとって好ましくない現実があったとき、それを『受け入れる』こととは、
自分の感情や感覚を消そうとする事ではありません。
・その状況で感じている自分の気持ちを認め
・そんな気持ちでも頑張っている自分自身を認め
・頑張っている自分自身に優しくしてあげる
ということです。

つまり、『現実を受け入れる』のではなく、『自分自身の気持ちを受け入れる』
ということなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ