26.心理カウンセリングの目的

【 広 告 】 オキシトシン 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
読むカウンセリング 2012/03/08


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今回のメルマガは、カウンセリング樹海に迷い込んでしまった方が、そこから抜け
出して、カウンセリング森林公園でオリエンテーリングを楽しんでいる気持ちにな
れるような地図をお渡しできたらいいなと思って書きます。

==========================================================================
心理カウンセリングの目的
==========================================================================
----------------------------------------------------------------
心理カウンセリングに対する不安
----------------------------------------------------------------
突然ですが、「心理カウンセリングの目的」って何だと思います?

心理カウンセリングを受ける目的は、細かなところに焦点を当てれば、人によって
マチマチですが、大雑把に捉えると『楽な心を取り戻すこと』といって良いのでは
ないでしょうか。

そして、勇気を出してカウンセリングに足を運ぶのは、カウンセリングが今までの
自分の思考では分からなかった『楽な心を取り戻す』方法を教えてくれることを願
うからなのだと思います。


カウンセリングの日程が決まった時、カウンセリングに不安を感じながらも「これ
で楽になれるかもしれない」という期待に、気持ちが少し楽になることは多いでし
ょう。

しかし、人によっては、カウンセリングに通っているうちに、「本当にカウンセリ
ングで心が楽になるの?」と不安になることがあります。

そのまま不安を放置してしまうと、はじめに感じた期待よりも不安の方が大きくな
ってしまい、もとの苦しい気持ちに逆戻りしてしまうこともあります。

逆に、カウンセリングが、苦しみの種になってしまうことさえあります。


このような状況に陥る原因の1つに、カウンセラーから『楽な心を取り戻す』とい
う具体的な道のりを示してもらえないことが挙げられます。

----------------------------------------------------------------
座禅と心理カウンセリング
----------------------------------------------------------------
心理カウンセリングには、座禅の修行に似た性質を感じるところがあります。

座禅では、本当の心の理解は自分の内側から起こると考えます。
指導者は、修行者に答えは教えてくれません。
座禅では、知識(言葉)が心を曇らせていると考えます。
そのため、修行者に答えを教えれば、心を曇らせる材料を新たに与えてしまうこと
になってしまいます。
ですから、指導者は、答えを教えたくても教えられないのです。
指導者が唯一できることは、修行者の内側で理解が起こるようにヒントを出し続け
ながら、ただその時が来るのを待つことだけです。

心理カウンセリングも同じようなところがあります。
心を本当の目的へと導いてくれるのは、自分の内側からの答えです。
カウンセラーがそれを言ってしまえば、相談者を、否定したり、新たな規則によっ
て縛り付けることになる心配があります。

ですから、あえて相談者に答えを示さないところはあります。
また、心の解決の細かい道筋は人それぞれなので、具体的なことは示せないとい
うこともあります。

私は修行的なことが好きだったので大丈夫でしたが、全ての人が修行的な雰囲気を
求めてカウンセリングを受けているわけではないと思います。

ですから、せめて「なぜ、カウンセリングが苦しさの解決につながるのか?」の
あらましくらいは知っておかないと、不安な気持ちになるのは当然だと思います。
(高い代金もかかるのでなおさらです。)

----------------------------------------------------------------
自分以上に自分を理解してあげられる人はいない
----------------------------------------------------------------
私のカウンセリングの先生が「自分が自分のカウンセラーになれたら一番良いんだ
けどな・・」と言っていたことがあります。

私も、自分のテーマを解決しようとカウンセリングを受けていた時に、同じ事を感
じました。

もう少しで心の痒いところに届きそうな感じがするのに、それを話しても担当のカ
ウンセラーは、いつもそこは素通りしてしまうからです。

でも、これは冷静になって考えてみれば、当たり前のことです。

・そこが心の痒い部分だということ
・そこをどうして欲しいのか

それらは、自分にしか分からないことです。

いくらプロのカウンセラーといえども、他人が、そこまできめ細かく自分の面倒を
みれるはずがありません。

逆に、自分だからこそ、どこまでもきめ細かく自分の面倒をみてあげることができ
るのです。

----------------------------------------------------------------
カウンセリングのあらまし
----------------------------------------------------------------
最後に、カウンセリング樹海から脱出し、カウンセリング森林公園でのオリエンテ
ーリングを楽しむための地図になることを願ってまとめを書きます。

(1)思考から離れ、これまで気づかないようにしていた自分の感情に気づくこと
(2)カウンセラーとのやり取りの中で、その感情を肯定され、大切に扱われるこ
   とに慣れること
(3)自分の感情に気づき、その感情を肯定し、大切に扱うコツをつかむこと
(4)日常の生活でも、掴んだコツを実践すること(自分にも、他人にも)

(3)(4)をもう少し具体的に書くと、自分に対して
・「そうだよね、そういうことがあれば、つらくなっちゃうよね」
・「そういうことがあれば、悲しくなっちゃうよね」
・「そんな気持ちなのに、我慢して、よく頑張ったね」
といったことを言ってあげられるようになることです。

(1)は、オリエンテーリングのチェックポイント探しのようなところです。

カウンセラーと一緒になってチェックポイントを探しながら、見つかった感情を話
せすことが(2)の体験につながり、チェックポイントのスタンプを押すことにな
ります。

その繰り返しによって、主要なチェックポイントのスタンプを集めながら(3)を
目指します。

(3)がつかめてくると、(4)にチャレンジしたり、チャレンジしたことで生じ
た感情をカウンセラーにフォロー((1)(2))してもらいながらから(3)の
スキルアップをしていき、やがて、カウンセラーなしでも自分の感情を、優しさを
伴った適切な対処ができるようになっていくのです。

これが、カウンセリング森林公園でのオリエンテーリングで使う地図です。


カウンセリングの目的は『自分が自分自身の良き理解者となること』です。
自分が自分自身の良き理解者となれれば、カウンセラーに頼りっきりにならなくて
も、自分の力で自分を楽にしてあげられるようになれます。
そんなコツを習得した結果として、楽な気持ちを取り戻すことが出来るのです。


----------------------------------------------------------------
参考ページ
----------------------------------------------------------------
■カウンセリングの目的は、つらい過去をカウンセラーに暴露することではない
http://www.pureheart-counseling.com/topics_counseling/551

■インナーチャイルド・ヒーリング
http://www.childcare.pureheart-counseling.com/innerchild-healing
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ