02. 幸せの方程式

誰でも一度くらいは、「自分にとっての幸せって何だろう?」と考えたことがあるのではないかと思います。

しかし、漠然と考えてみても、その本当の答えを見つけることはできません。

これは、今の自分が何となく幸せではないように感じるから、その反対としての『幸せ』があたかも存在しているかのように錯覚して、「自分には、もっと幸せな状態があるはずだ」というような漠然とした雰囲気の中で過ごしているからです。

さて、ここで、心が満たされる為の方程式を『幸せ方程式』として、次のように定義します。

■幸せの方程式
望む + 行動する = 望みが叶う

望むことが実現するのですから、心が満たされないはずがないと思いませんか!?

「幸せでない」「満たされない」と感じているときは、この幸せの方程式が壊れているだけのことなのです。

ですから、この幸せの方程式を正しく機能する状態に整えさえすれば、悩みは解決します。

このように考えてみると、今まで解決できないと思い込んでいた悩みも、「もしかしたら、結構簡単に解決するかも・・・」と思えてきませんか!?

 

【まとめ】
  • 幸せは、何かの反対側にあるものではありません。
  • 幸せの方程式 :  望む + 行動する = 望みを実現する
  • 「望み、行動し、実現する」という一連をイメージできれば、既に幸せ!?
【補足】 次のページで、幸せ製造装置不幸せ製造装置ということを説明しました。 参考にして頂けると思います。(2011/05/21) 子供の人生から「幸せ」を奪わないために・・・(サイト名:子育ての回想と試行錯誤と解釈

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ