13. 現代社会が家庭の構造に与える影響

この節を読んで頂く際の注意点

はじめに、この節を読んで頂くにあたっての注意点を書かせて頂きます。

この節で書く内容は、何となく読んでしまうと、『母親が悪く、母親が心を入れ替えるよう努力することで事態は改善する』というようなことが書かれているような印象を受けてしまうかも知れません。

しかし、書いているのはそのようなことではありません。

誰が母親であっても、今の社会の構造の中で母親という役割がそのような機能を果たすようになってしまう

繰り返しますが、『人の問題ではなく、役割が持っている問題だ』ということを書いています。

誤解の内容にお読み下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ