00. 個人の価値観変化の流れ

ここでは、太陽と地球の例から一旦離れて、『昔と今で、個人の価値観の形成にどのような違いがあるのか』大きな流れについて説明します。

子供の成長時期別の状態については、その後で説明しますので、今しばらく、お付き合い下さい。

人が、社会の中で、自分の人生を過ごす為に必要な「価値観を身につける」流れを、大雑把に表現すると次のようになります。

  1. 子供は、まず、親の価値観を鵜呑みにして、幼少期を過ごす
  2. 次に、知能や身体的能力の身につけると、自分用の価値観を再構築する

これらのことを踏まえて、以降の解説をご覧下さい。

それらの説明の後に、個人の価値観の変化の流れを、『太陽と地球の関係』をイメージしながら、『01.新生児期~幼児期』~『06.自立期』の6つに区切り順に説明し、最後に特殊なパターンを2つ説明します。

人が価値観を持つ意味も合わせてご理解頂けると思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ