04-05.子供はみんな催眠状態

心理カウンセリング・催眠療法の受付

私が心の苦しさについて理解したことを、暗示という側面から説明します。

序論

本題の前に、極論的ですが、『私たちの知識は、突き詰めれば、ただの暗示に過ぎない』といえるということを説明します。

【例1】

天動説と地動説のことを考えてみて下さい。

中世のヨーロッパでは、「太陽が地球の周りを回っている」という天動説が信じられており、コペルニクスが唱えた「地球が太陽の周りをまわっている」という地動説は異端だとされましたが、今ではそれが受け入れられ、逆に、もし、天動説を唱えれば馬鹿扱いされてしまいます。

この中世のヨーロッパの状況は、「人々は、世の中に受け入れられているつじつまが合っていると感じる解釈を真実だと思い込んでしまう」、つまり、暗示に掛ってしまうということを示す良い例です。

ただ、これは科学が進歩していない昔だから起ったことではありません。

現代においても同じです。現在の最新科学であっても、それは「現時点において最もつじつまの合う説明」というだけのことなのです。

我々は、中世の人々のように、それを真実として受け入れているのです。

 

【例2】

暗示を受け入れるもう一つの流れを説明します。

私たちが理解できないことに出合うと、それを理解したいという心理が働きます。

そして、既に情報があれば知識として拾い上げます。

もし、既出の情報が見つからなければ、それらしい解釈をひねり出して、「それが自分にとっての真実だ」という暗示を受け入れます。

このように、「理解したいと思う」ということは、「自分から『暗示を受け入れたい』と望んでいる」ともいえるのです。

(未知の分野で騙されやすいのは、人間のこのような性質によると考えられます。)

 

【例3】

例えば、世の中の人は、パソコンのことをパソコンだと信じています。

しかし、「実は、それはポコペンだった」という考えが広まれば、もう、それはパソコンではなくポコペンになってしまいます。

もともとそれがパソコンなのではなく、私たちがそれをパソコンだと信じているから、それはパソコンなのです。

 

序論まとめ

例1~3で説明したように、私たちは暗示を受け入れ、自分の行動や存在のよりどころ、つまり、知識と認識して生きています。

うまく伝えられたか少し不安ですが、これらが『私たちの知識は、突き詰めれば、ただの暗示に過ぎない』と書いた理由です。

 

【補足】
たぶん、いくら科学が進歩しても、「つじつまの合った解釈」ができる範囲が広がったりその解釈がより科学っぽくなったりするだけで、人類が真実には辿り着くことが出来ないでしょう。
つまり「その時点で最もつじつまの合った解釈」という域を超えることはないのだと思っています。

この投稿は、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付