来談者中心療法(クライエント中心療法)

心理カウンセリング・催眠療法の受付

カール・ロジャースが創始した心理療法です。

それまでのカウンセリングでは、カウンセラーが主体となって、クライエントを分析し、そして改善のための指示を与える形式が主流でした。

来談者中心療法では、カウンセラーは「無条件の肯定的理解」「共感的理解」といった姿勢でクライエントと非指示的にかかわろうとします。

そのようなかかわりの中で、カウンセラーとクライエントの間に信頼関係が芽生え、クライエントはそのような「安心」「安全」な人間関係の中で、「自ら答えを見つけ、解決に向かって歩き出すことができるようになる」と考えます。

これは心理カウンセリングの根底を流れる考え方となっています。

実際体験してみると分かるのですが、自分の言っていることを理解しようと真剣に聞いてもらえるということは、癒しになり、そして力になります。

心理カウンセリング・催眠療法の受付