心を守る機能・心を回復する機能と心の苦しさの関係

【 広 告 】 オキシトシン 今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

【 広 告 】 なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

【ご注意】 ここでご紹介する内容は、私の中にあるイメージを数式とグラフを使って表現する試みです。統計による裏付けはないという前提でお読み下さい。

心を楽な状態に保とうとする方法には、次の2種類があります。

  • 心の苦しさを予防する方法
  • 心の苦しさを回復する方法

このコンテンツでは、これに関連して、私が理解していることを、数式とグラフを使って 数学っぽく説明してみます。

以前(2007年頃)、心をコンピュータ処理的なものとして理解しようと試みたことがありました。

自分にとっての新しい方法で理解しようとしたことは、新しい発見や理解を深めることに役だったと感じています。

また、心の苦しさを「心の問題」として捉えてしまうと、心の苦しさが増すばかりで、心の苦しさから抜け出せることは少ないと思います。

そこで、心の苦しさを、心の問題としてではなく、数学っぽい問題として説明するコンテンツを、ピュアハート・カウンセリングのサイトに公開しました。

新しい発見や理解を深めるきっかけにして頂ければと思います。

コンテンツで用いている図を一つ紹介します。次の図が基本となるグラフです。

この数式は、もしかしたら統計によって裏付けたり、心理テストのように仕立て上げることもできるかもしれません。

しかし、人の心を数式のように単純に表せるはずはありません。

また、そんなことをしても、あまり意味はないと思っています。

数学っぽい説明では、次の2つを何となく感じて頂ければ十分だと考えています。

  • 自分の心の状態(位置づけ) と 進むと良い方向
  • 社会の状態(位置づけ) と 進むと良い方向

以前、日本TA協会(交流分析の普及をしている団体)のセミナーで、講師の方が次のようなことを言っておられました。

本来のエゴグラムは、自分の直感で数値化し表現するものです。心理テストのような設問によって割り出すものではありません。

その意味が、この数学っぽい説明をまとめていて、ようやく理解できたように感じています。

説明が分かりにくいと感じるときは、はじめの部分最後の「まとめ」だけを読んで、途中は何となく眺めて頂くだけで構いません。

これまで「心の苦しさは解決することが出来ないんだ…」といように悲観的な気持ちだったとしても、この数学っぽい説明によって、きっと「詳しいことは分からないけど、の値を活性化させるだけで良いんだ!」 と楽観的な気分を感じて頂けると信じています。

の値って何だ?」 それは、本編で確かめて下さい!(^o^)丿

 

【補足】 ちなみに、コンピュータ処理的に考えたことは、次のページにPDFファイルを貼り付けてあります。

作成して3年近く経っているので、私の現在の理解とは相違があるところもありますが、興味のある方はご参照下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ