恐怖症

心理カウンセリング・催眠療法の受付

説明

一般的な説明ある特定の対象や状況に対して、不合理、或いは異常な相当強い恐怖が持続する。

不安神経症と強迫神経症が合わさったような症状。

その対象は、特に限定されず、その個人が恐怖を感じるものであれば、何でも対象となり得る。

高所恐怖、乗物恐怖、外食恐怖、会食恐怖、対人恐怖、広場恐怖、閉所恐怖、醜形恐怖、自己臭恐怖、外出恐怖症、尖端恐怖、男性恐怖、女性恐怖、不潔恐怖、先鋭恐怖・・・)

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」「不安症」とは異なり、「恐怖症」の方は、その対象が明確になっていることが特徴ですが、それが明確になってしまっている分、『本当の気持ちは、より不明確になってしまう』というところがあります。

恐怖の対象についてあれこれと考えるのではなく、「怖さ」を「恐怖」にまで高めてしまわなければならない本当の理由について、自分自身が気づいてあげようとすることが大切です。

コンプレックスなどもそうなのですが、「対象が明確になっているのに解決しない」というときは、

  • これまで意識してきた対象は、本当の対象ではない
  • これまでの解決の方向性に誤りがある

のいずれかの場合がほとんどです。

誰か他の人に話したり心理カウンセリングを活用したりして、本当の気持ちに気づき自分にとっての正しい対処方法を見つけようとすることは、自分自身の気持ちを安心させ、必要以上に恐れることから開放されることを手伝ってくれます。

この投稿は、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付

心理用語の解説は『心理百科事典』にて行なっています。