心気症(心気神経症)

心理カウンセリング・催眠療法の受付

説明

一般的な説明自分の健康状態に対して異常なほどにこだわり、些細な身体症状を重大な病気の兆候ではないかと気に病んだり、病気でなくても病気と思い込んだりして、その心配や不調や苦痛を他人に訴えます。

医師から病気を否定されても、それを信じることができず、自己診断と同じ診断をしてくれる医師を探し続けることもあります。(ドクターショッピング)

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」もちろん、些細な身体症状によって、病気の早期発見につながるという面があります。

ですから、納得のできる診断をしてくれる病院を探そうとすることを、一概に悪いことだということは出来ません。

ただ、重大な病気かもしれないと思っているのに、「それを見つけてくれない」とか、「その不安な気持ちを分かってもらえない」と感じながら一人っきりで頑張るのはとても苦しいことです。

病気の診察とは別に、心の支えになってくれる人を身近に探すということも、とても大切です。

誰かに気持ちを支えられながら対処すれば、早い時期に、病気を解決してくれる病院を見つけたり、人に支えられ気持ちが安心することで症状が改善したりすることに、きっとつながります。

何をするにしても、

一人っきりということが、心にとっての一番の毒

なのです。

『 一人っきり 』 という状態は、もしかしたら、『 自分のことを理解してくれない人 』 と関わるときよりも大きなダメージを心に与えるのではないかと思っています。

もし、身近な人に相談し難いときは、心理カウンセリングを活用することもできます。

心理カウンセリング・催眠療法の受付

心理用語の解説は『心理百科事典』にて行なっています。