ひきこもり(引きこもり)

心理カウンセリング・催眠療法の受付

一般的な説明説明

自分の部屋に閉じこもったり、他者とのコミュニケーションを必要以上に避けようとします。

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」『ひきこもり』という状態は、何かに反抗していたり、何かを拒絶しているというよりは、

「『自分という存在』は自分自身が守るしかない」という心境にまで追い詰められてしまった状態

と説明できると考えています。

  • どうして、そのように思い込んでしまったのでしょう?
  • どうして、そのように思い込ませてしまったのでしょう?

そこがポイントとなります。

 

続く説明は、長くなりましたので、ページを分割しました。

 

【参考】

 

関連書籍

 

 

※ 関連書籍は、その内容を確認したわけではありません。

参考程度に掲載しています。

この投稿は、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付

心理用語の解説は『心理百科事典』にて行なっています。