書痙(イップス・手の震え)

心理カウンセリング・催眠療法の受付

説明

一般的な説明手が震えたり、緊張したりして、滑らかに文字を書くことが困難な状態で、人の目を気にするほど酷くなるところがある。

文字を書く事に限らず、スポーツなどで特定の行為(例えば、ゴルフのパット、ボールのパスなど)が困難になったりするイップスも同様と考えられます。

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」直接的なきっかけとしては、心理的な緊張やストレス、プレッシャーが関係していることがあります。

あなたは、今、できなくなって困っている気持ちを、一人きりで抱えてはいませんか?

それとは別に、「できなくなった」ということを問題視せずに、「したくない」という気持ちがある可能性に目を向けてみると、自分の本当の気持ちに気付くきっかけになる事もあります。

今、あなたができなくなったと言って困っていることは、あなたが本当にやりたかったことですか?

なかなその状態から抜け出せない時は、心理カウンセラーなどの専門家と一緒に、本当の気持ちや、本当の気持ちを大切にする方法を探そうとすることは、きっと、解決への近道となることでしょう。

この投稿は、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付

心理用語の解説は『心理百科事典』にて行なっています。