躁鬱(そううつ)病

心理カウンセリング・催眠療法の受付

説明

一般的な説明躁病相とうつ病相を周期的に繰り返す内因性精神病です。

躁うつ病 抑うつ気分と思考・行動の抑制を主症状とする抑うつは生気感情の異常であり、抑制が強いと混迷に至ることがある。またその感情状態より貧困妄想、心気妄想、罪責妄想を認めることもある。しばしば、自殺念慮、自殺企図があり発病気と回復期に多い。 躁病は自我感情の亢進があり爽快気分に加えて精神運動興奮、観念本逸を認め思考内容は誇大的、楽天的となる。身体的には不眠、食欲亢進、性欲亢進などがあり、長期間続くと体重減少、体力消耗をきたす。

精神科ポケット辞典[新訂版](弘文堂)、「躁うつ病」より抜粋】

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」広義的には、躁病、躁うつ病、躁病を総称して、躁うつ病と呼んでいるようですが、狭義的には、躁病相とうつ病相を周期的に繰り返す状態を指し、双極性障害とも呼ばれています。

うつ状態、うつ病、躁(そう)状態、については、それぞれ別のページで説明していますので、そちらをご参照下さい。

関連ページ

心理カウンセリング・催眠療法の受付

心理用語の解説は『心理百科事典』にて行なっています。