注意欠陥・多動性障害(ADHD)

心理カウンセリング・催眠療法の受付

説明

一般的な説明

注意欠陥・多動性障害は多動性、不注意、衝動性を症状の特徴とする発達障害の一つと言われているが、DSM-IV-TRでは行動障害に分類されている。じっとしている等の社会的ルールが増加する、小学校入学前後に発見される場合が多い。

なお「注意欠陥・多動性障害」はDSM-IV-TRによる正式名である(AD/HD: Attention Deficit / Hyperactivity Disorder) 。

注意力を維持しにくい、時間感覚がずれている[2]、様々な情報をまとめることが苦手などの特徴がある。日常生活に大きな支障をもたらすが適切な治療と環境を整えることによって症状を緩和することも可能である。脳障害の側面が強いとされ、しつけや本人の努力だけで症状などに対処するのは困難であることが多い。

DSM-IV-TRでは症状に従い、以下の3種に下位分類がされる。

* 多動性・衝動性優勢型
* 混合型
* 不注意優勢型(ADD)

一般にADHDとして扱われるADDは、多動性が少ない不注意優勢型である場合が多い。子供ではICD-10による多動性障害(たどうせいしょうがい、Hyperkinetic Disorders F90)の診断名がひんぱんに適用される。 学童期までの発症率は1 - 6%で男子の方が女子よりも高い[4]。ただし、女子の場合は多動が目立たない不注意優勢型に分類されることが多く、発見が遅れがちである。

【注意欠陥・多動性障害 - Wikipedia: より抜粋】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A8%E6%84%8F%E6%AC%A0%E9%99%A5%E3%83%...

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」

アスペルガー症候群と細かな点で相違は多いが、『もう一つの説明』として記述しようと思う内容は、『アスペルガー症候群』のページで説明したこととほぼ同じですので、そちらの方を参照してください。

https://www.pureheart-counseling.com/symptoms/746

関連書籍

 

 

 

 

心理カウンセリング・催眠療法の受付

心理用語の解説は『心理百科事典』にて行なっています。