ストレス

心理カウンセリング・催眠療法の受付

説明

一般的な説明

ストレス
一般的には、”ストレスがたまる”などというように精神的緊張を指して用いられている。ストレス状態を引き起こす外的作用因子をストレッサーというが、これには物理化学的なもの(寒暑の気候・騒音・酸素欠乏など)、生物的なもの(飢餓・睡眠不足・妊娠など)、社会的なもの(人間関係のこじれ、経済危機、戦争など)があげられる。

過剰反応が続くと、心身症・神経症へと発展しかねず、その場合は、ストレッサーと反応の双方の強度を緩める対応が求められてくる。

カウンセリング辞典(誠信書房)、「ストレス」より抜粋】

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」
多少のストレスは、適応によって慣れてしまうところがあります。

これは、例えば、熱めのお風呂につかろうとした時に、はじめは熱くてなかなか入れないのに、我慢してつかっていると、やがて熱さに慣れて、はじめほどの苦痛を感じずに、湯船につかっていられるようになることに似ています。

このとき、熱さに苦痛を感じにくくなっているのですが、体は高温のお湯からのダメージは受け続けていることに変わりはないのです。

ですから、ストレスには、慣れようとする対処方法もあるとは思いますが、それとは別に、ストレスに早期に気づき正しく対処しようとすることも大切です。

ストレスへの対処

そして、その正しい対処方法とは、

自分の苦しい気持ちを誰かに話し、きちんと聞いてもらうこと

なのです。
これで、ストレスが解消してしまうことは多いです。

そして、その次に、必要があれば、

自分の置かれている環境に問題がないかを点検し、もし、問題があれば、

  • その問題を解決するよう取り組んだり
  • 改善することが不可能だという結論に至れば、別の環境に変えてもらうことを願い出たり、その環境を離れる

などの対処をする。

という流れで考えるとよいと思います。

とにかく、

心の苦しさを一人きりで抱え込まない

ということが、何よりも大切です。

ストレスと身体の不調

『 身体的な不調 』 と 『 心の不調(精神的な不調) 』 は、体感としては似ているところがあります。

「苦しさは心の不調だ」という認識のもの、頑張ってばかりいると、身体的な不調を見逃して更に弱った体に無理を強いることにつながり、身体的な病気を悪化させることにつながる恐れがあります。

そういう状態に陥ってしまわないために、

心の苦しさは誰かに話せば楽になる

このことは、覚えておいて下さい。

関連書籍

 

 

※ 関連書籍は、その内容を確認したわけではありません。参考程度に掲載しています。

この投稿は、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付

心理用語の解説は『心理百科事典』にて行なっています。