社会不安障害(SAD)

心理カウンセリング・催眠療法の受付

説明

一般的な説明

社会恐怖(しゃかいきょうふ、social phobia, social anxiety)とは、社会や人前でマイナスなイメージで批判されたり、他人に辱められる事に対する不安感から来る恐怖症。社交恐怖とも呼ぶ。 アメリカ精神医学会の命名では、社会不安障害(しゃかいふあんしょうがい、social anxiety disorder)、あるいはその英語名の頭文字からSADと呼ばれる。

【社会恐怖 - Wikipedia より抜粋】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E6%81%90%E6%80%96

もう一つの説明

症状の「もう一つの説明」

WikiPediaの説明を読んで、「対人恐怖症や不安神経症や恐怖症などの昔からある分類の上に、新たな枠組みを上被せにしてしまったの?」、そんな印象を受けました。

  • つらい気持ちは人に話せば楽になれる。
  • 世の中の人は、過去に自分の近くにいた
    • 責め立てるような人
    • つらい気持ちの自分を放置するような人
    • うれしい気持ちの自分を放置するような人

    ばかりではない

  • 失敗しても、それに伴って生じたつらい気持ちを、誰かに話すことによって、許しを得たに近い感覚を体験することができる。

これらの事実を理解し、その体験を繰り返す中で、安心して人とふれあい、安心して失敗もできるようになっていくのです。

関連書籍

 

※ 関連書籍は、その内容を確認したわけではありません。参考程度に掲載しています。

心理カウンセリング・催眠療法の受付

心理用語の解説は『心理百科事典』にて行なっています。