12. カウンセラーの座禅体験記(その10)

坐禅会に、参加しましてきました。(2004年02月08日)

老師の話

◆座禅の目的は、「本来の自分」に気づくこと。

◆「本当の自分」と「うその自分」のように別れると言っているわけではない。

◆名前でも、職業でも、何でもない自分に気づくこと(=自分とひとつになる)

◆分かったというところから離れること

◆悟りとは、ある状態のことを言っているのではない。

◆論理によって分かることよりも、それから離れることによって分かることは多い
 

独参

私  : 死ぬまで、自分が自分であると知っていることができるということですか?
老師 : それでは、何をしているのですか?
私 :
老師 : 何もしなくてもいいのではありませんか?
私 :
老師 : また、来てください
私 :

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ